2019年11月 栄養素カタログ

栄養素カタログ

生姜で温活!今から始める冬支度!

各地で紅葉が始まり、秋も終盤、冬がもうすぐそこまで来ていると感じます。
アウターもそろそろ厚めのものが必要になってきますね・・・。
お鍋やおでん、あたたかい食べ物も一層おいしい季節になりました。
そこで気になってくるのが、“冷え”。
これから始まる長い冬を乗り切るために、“温活”を始めましょう!
今回は、「ショウガオール」についてのお話です♪

ショウガオールってなに?

いかにも、、、生姜に入っている成分です。
生姜は古くから、漢方としても利用されてきました。
「生姜を食べて、体を温めよう!」
とはよく言うもので、このショウガオールが生姜の辛味成分であり、体をあたためてくれるのです。

ショウガオールとジンゲロールとは

どちらも生姜に含まれる辛味成分ですが、そのほとんどが「ジンゲロール」です。
ジンゲロールは熱に弱いので、加熱されると一部「ショウガオール」に変化します。
一般家庭レベルの加熱調理では、ジンゲロールの大半がショウガオールに変わることはないと考えられます。

ショウガオールのはたらき

ジンゲロールは殺菌作用や抗炎症作用があるのに対し、
ショウガオールは同様のはたらきに加えて、以下のようなはたらきが期待できます。

・末梢血管を拡張し、血行を促進
→冷え性、むくみに加え、セルライトにもおすすめ!
・血行不良による関節痛の鎮痛
・血栓を防ぐ
→心筋梗塞や脳梗塞の予防に!
・胃腸のはたらきを活発にする
→抗潰瘍作用もあるため、胃腸の健康も助けます!

食生活への上手な取り入れ方

風邪を予防したいとき、風邪を引いたときには、生のショウガが◎。
カツオのたたきや、焼きナスの薬味にプラス。
のどの炎症を抑えたり、解熱や鎮痛にはたらいてくれるでしょう。

冷え性を改善したい、胃腸の調子が悪い、体を芯から温めたいときは、加熱したショウガを。
ショウガオールが生の時より何倍にも増えて、調子を整えてくれえるはずです!
具沢山のお味噌汁、魚の煮付け、つみれの生姜スープ、お鍋などなど、色々なお料理に取り入れてみてください♪
ホットジンジャードリンクなども良いですね。

生姜を積極的に取り入れて、風邪知らず&体ポカポカで冬を迎えましょう!

サプリメントのご紹介

●ブラダーラックwithウラジロガシ
主成分ブラダーラック(褐藻)、ウラジロガシ(ブナ科のハーブ)に加え、ショウガエキスやメリロートを配合。憧れのボディを演出。
●シトルリン
スイカの葉や茎などに含まれるアミノ酸“シトルリン”。
しなやかボディを目指す方、スポーツをされる方にも。飲みやすいショウガ風味です。 



ジェイアール京都伊勢丹店
栄養士 土田華菜子
京都に住みはじめてもうすぐ4年になる、神奈川県出身アラサー女子。 老化からエスケープすべく、アンチエイジングに日々奮闘。 趣味はGLAYのライブ参戦、それにともなう旅行、新しい化粧品を試すこと。 意外と(?)かなりの甘党。そして、ちょっぴり辛党。