2020年8月 栄養素カタログ

栄養素カタログ

真夏に摂るべきミネラルとは?

今年も残暑厳しい夏となりました。まだまだ暑い日は続きそうですね・・・。
暑さで大量の汗をかくと、同時にビタミンやミネラルが体外へ排出されてしまいます。 これが、夏バテや熱中症の原因の一つ!
その中でも今回は、“マグネシウム”というミネラルについてお話ししていきます♪

マグネシウムとは?

マグネシウムは、ミネラルの1種で、私たちの体内の骨に約6割、筋肉や脳や神経や血液に残りが存在します。
また、体内の約300種類以上もの酵素の活性化にたずさわっています!

これは、不足したら大変そうですね・・・。具体的なはたらきを見ていきましょう。

マグネシウムのはたらき

*骨芽細胞を活性化し、骨や歯をつくるようはたらきかける
*筋肉の収縮と弛緩
→こむら返り、筋肉の痙攣を防ぐ!
*血管を拡張し、血圧の調整や心機能を支える
*神経をリラックスさせる
→神経過敏、興奮を抑えるため、安眠を促し、うつを防ぐ!
*腸内に水分を集め軟便化し、便秘を解消する

このように、体内でも手広くはたらいてくれています。
夏場は汗でマグネシウムが失われやすく、それが熱中症の原因になることも!!
とくに、摂取を意識する必要がありますね。
何から摂れるのか?摂り方のポイントは・・・?

マグネシウムが含まれる食品

植物性:海藻類(ひじき、こんぶ、わかめ等)、ナッツ類(カシューナッツ、アーモンド等)、バナナ、納豆、ココア等
動物性:甲殻類(さくらえび、カニ等)、貝類(あさり、牡蠣等)、いくら等

マグネシウム:カルシウムを、1:2の割合で摂れると、吸収しやすいとされています!
カルシウムは意外と色んな食品に豊富に含まれるので、マグネシウムをとくに積極的に摂れるような食事を考えられると良いかもしれません。

カルシウムばかりを意識せず、マグネシウムもしっかり摂り、バランスが整った食生活で残暑乗り切りましょう☀

サプリメントのご紹介

●カル&マグミネラル
牡蠣や海藻や大豆などから抽出したマルチミネラル。健康維持を目指すすべての方に。
●ヘルシープラス
従来のヘルシープラスが小粒になって登場!コールドプレス法で、野菜由来の栄養素をたっぷり詰め込みました。



大丸梅田店
栄養士 土田華菜子
関西に住みはじめてもうすぐ5年になる、神奈川県出身アラサー女子。 老化からエスケープすべく、アンチエイジングに日々奮闘。 趣味はGLAYのライブ参戦、それにともなう旅行、新しい化粧品を試すこと。 意外と(?)かなりの甘党。そして、ちょっぴり辛党。