March 2020 Nutritionist Column

栄養士コラム

春デトックスで中からきれいを目指しませんか?

春野菜で有名なタラの芽やふきのとう、菜の花などといった春野菜の苦み成分には、体内毒素を排出する働きがあるとも言われています。
春は、冬の間にため込んだ老廃物や毒素を排出する「デトックス」に最適な季節です!
いらないものを出して、スッキリな毎日を手に入れましょう!

そもそも体内の老廃物や毒素はなぜ溜まってしまうのでしょうか?

【老廃物や毒素が溜まる原因】

≪老廃物≫
人は、便や尿、汗などで体内の不要なもの=老廃物を排出しています。
しかし食生活の乱れなどで便秘だったり、水分をあまりとらなかったり、運動不足なので代謝が低いと汗をかく頻度も少ないために、体内の老廃物を外に排出することが出来なくなってしまうのです。
そうすることで、老廃物をろ過や解毒する腎臓や肝臓に負担がかかり、さらに体内に毒素が溜まってしまう…という悪循環に陥ってしまいます。


≪有害ミネラル≫
実は普段の食事などにも有害ミネラルは含まれています。
≪主な有害ミネラルと含まれる食品≫
水銀…まぐろやカジキ、タイなどといった大きいお魚に含まれます。
ヒ素…ヒジキや井戸水などに含まれます。
カドミウム…お米や貝類、イカやタコなどの軟体動物などに含まれます。
リン…加工食品などの食品添加物などに多く含まれます。
その他にもタバコや大気の汚染、歯の詰め物など、様々な原因で有害ミネラルは体内に取り込まれてしまいます。
有害ミネラルが体内に溜まってしまうことで、頭痛や倦怠感、肌荒れや胃腸障害などさまざまな不定愁訴があらわれてしまいます。。。

【老廃物・有害ミネラルを排出するために…】

○腸内環境をよくしよう!
便で老廃物の75%を排出できるとも言われています。
そのためにも腸内環境を整え、毎日スムーズな排便をすることで溜め込まない体を作りましょう♪
きれいな腸内環境を目指すためにも、生野菜などの酵素やヨーグルト・キムチなどの乳酸菌、ごぼうやきのこ・コンニャクなどの食物繊維をたっぷり摂りましょう。

○食事の偏りを減らし、野菜を増やそう!
糖質、脂質、タンパク質の摂りすぎは、肝臓や腎臓に負担をかけてしまいます。
腎臓や肝臓が疲れてしまうと、体内の毒素を排出しにくくなります。
なにかに偏るのではなく、バランスよく、また野菜を増やし、肝臓・腎臓に負担のかからない食生活を心がけましょう。

○良質なミネラルを摂ろう!
ミネラルはシーソーのような働きとなっており、有害ミネラルが多いときも良質なミネラルを取り入れることで有害ミネラルを排出することができます!
亜鉛の豊富な牡蠣や牛肉、セレンの豊富なレバーなどを積極的に食べ、有害ミネラルを排出しましょう。

栄養士のオススメ

●ビタミンB
ビタミンB100
●セレン
セレニウム
●αリポ酸
αリポ酸-200
●ヤシガラ活性炭
チャコール 
●亜鉛
ジンク


有楽町マルイ店
栄養士 島津 麻実
ヘルシーワン歴11年。趣味:読書・サッカー観戦 「ダイエット」や「健康」に敏感で、ファスティングや Myぬか床などさまざまなことにチャレンジし、失敗談も豊富です(笑)「いくつになっても美味しいものを我慢せずに食べられるように!」 をテーマに、皆様の健康のサポートをさせていただければと思います!