March 2020 Nutrient Catalog

栄養素カタログ

有害物質のデトックス方法とは?

環境汚染、喫煙、多量な添加物の摂取等により、現代を生きる私たちは、身体にとって有害な成分を体内に蓄積しやすくなっています。 ため込んでしまっても、解毒・浄化する方法を知っていれば怖くないはず!
今回は、近年注目度が高まっているデトックス成分の一つ、ケルセチンについてお話しします。

ケルセチンとは?

ケルセチンは、野菜や果物に多く含まれるポリフェノールの中でも、フラボノイドの一種です。
※フラボノイドとは天然の色素化合物で、ほかにアントシアニン、カテキン、イソフラボンなどがあります。

そばなどに含まれるルチンや、みかんなど柑橘類の皮に含まれるヘスペリジンもこの仲間で、これらを総称して“ビタミンP”とも呼ばれます。
私たちが1番身近にケルセチンを摂れるものとしてタマネギがありますが、とくに外皮に多く含まれます。

ケルセチンのはたらき

ケルセチンは、フラボノイドの中でもとりわけ強い抗酸化力を持ちます!
抗酸化作用以外にも、私たちの健康に重要なはたらきをしてくれることがわかってきています。

*抗酸化作用
⇒ガン、動脈硬化、ストレス、アレルギーなどに◎
*血圧を下げる
*認知機能改善
*骨の形成を助ける
*有害ミネラルのデトックス

現代社会において、有害ミネラルを排出するのは気になるところですよね・・・。
どのような仕組みなのでしょうか?

有害ミネラルのデトックスをするケルセチン

有害ミネラルとは、水銀、鉛、ヒ素、アルミニウム、カドミウム、ベリリウムなどを指します。
有害ミネラルを排出するためには、有害ミネラルをはさみ込むように結合する“キレート作用”がカギになります!
“キレート”(chelate)とは、カニのはさみという意味です。
有害ミネラルをキレート作用ではさみ込むように切り取り、体外に排出します。
このキレート作用を持つのがケルセチンですが、他のキレート作用がある成分と一緒に摂ることで、相乗効果が期待されます。

*キレート作用を持つ栄養素*
【ケルセチン】たまねぎ(外皮)、りんご、ぶどう(皮)、緑茶
【セレニウム】サバ、マグロ、カニ、たらこ、そば、ピーナッツ、納豆
【αリポ酸】ほうれんそう、トマト、ブロッコリー、レバー

有害ミネラルの蓄積は、様々な健康被害を招きます。
日々、身体を浄化できる栄養素を取り入れ、内側からクリーンを保ちましょう♪

サプリメントのご紹介

●セレニウム
1粒でセレニウム125μgの高含有。若々しさの維持、生活習慣病が気になる方にもおすすめです。
●αリポ酸200
補酵素としてはたらくビタミン様物質。炭水化物がお好きな方、エイジングケアをしたい方に。
●カル&マグミネラル(マルチミネラル)
カルシウム、セレニウム、鉄、マグネシウム、カリウムなど、12種類の必須ミネラルをバランス良く配合。
●毛髪ミネラル
髪の毛から体内のミネラルの状態を検査できるキットです。



ジェイアール京都伊勢丹店
栄養士 土田華菜子
京都に住みはじめてもうすぐ4年になる、神奈川県出身アラサー女子。 老化からエスケープすべく、アンチエイジングに日々奮闘。 趣味はGLAYのライブ参戦、それにともなう旅行、新しい化粧品を試すこと。 意外と(?)かなりの甘党。そして、ちょっぴり辛党。